人気の近畿大学の偏差値一覧

人気の近畿大学の偏差値一覧

特に養殖マグロで有名になった近畿大学の入試情報で、各学部の偏差値は次の通りです。医学部は70、薬学部は61、農学部は58、国際学部は57、経済学部は56、総合社会学部は56、文芸学部は56、経営学部は55、法学部は55、理工学部は55、建築学部は55、生物理工学部は54、産業理工学部は50、工学部は50です。それ以外にもAO入試などがありますので、大学がだしている情報を見逃さないようにご注意ください。

人気の法政大学の偏差値一覧

人気の法政大学の偏差値一覧

今後さらに上昇するであろう進学率の中で、六大学の一つである法政大学は非常に人気の高い大学です。このような背景から法政大学は志望する学生も数多く入試における倍率も高いことが特徴です。このような人気の大学を受験する際に非常に役立つのが偏差値一覧です。大学は通常学部によって参考偏差値が設けられており、自分に合った学部を選択することによってより合格率を上げることが可能になります。現在このような偏差値一覧はインターネットでも簡単に検索することが可能になっており、これを把握したうえで受験に挑むことが合格への近道になるのです。

人気の早稲田大学の偏差値一覧

人気の早稲田大学の偏差値一覧

早稲田大学は人気ですから受験生もとても多く、入試には倍率もかなりあがります。偏差値はどの学部も60以上の高偏差値を維持しています。偏差値が届いていればすべての人が合格できるというものではありません。とくに早稲田大学は問題がかなり難しいことで有名です。たとえば歴史や地理などはかなり専門的な分野まで出題されますし、英語も問題が多いために高い学力を求められることで有名です。3教科をとにかくくまなく、学習する必要があります。

人気の明治大学の偏差値一覧

人気の明治大学の偏差値一覧

明治大学総合数理学部の偏差値は62~66です。入試形式としては英語と数学の2科目です。また試験時間に関しては英語が70分、数学が120分でどちらもマークシート方式と記述方式の両方があります。英語の大問は例年4題でその内の2つが読解形式1つが文法や語彙を聞く問題残りが会話文の問題となっています。数学は大問が4~5題で微分積分は必ず出題されています。また最初に小問集合で3問ほど問題が出題され大問2,3は年ごとにベクトルや確率図形問題や記述形式で証明問題が出題されたりします。

人気の日本大学の偏差値一覧

人気の日本大学の偏差値一覧

日本大学は日本一規模の多い私立大学として知られていますが、医学部や芸術学部など他の私立大学にはないことも多い学部もそろっているため、偏差値はその学部によっても大きく異なりますし、入試の選考方法も学部によって違いがありあります。日本大学は専修、駒沢、東洋大学などと同じ程度の偏差値であることからひとくくりにされていますが、医学部などは偏差値が高めで難易度が高いですし、芸術学部も難易度が高いことで知られています。