明治大学はどんな大学?

明治大学はどんな大学?

明治大学は、私立大学の最難関の一角であり、様々な分野で、功績を残した人物を排出してきた大学です。

明治大学の特徴としては、勉強だけをしてきたという偏った人物というようりも、芸能の分野であったり、スポーツの分野であったりとバランスのとれた人材を多く輩出してきた大学でもあります。

キャンパスでは、駿河台キャンパスのスカイラウンジでは、学食で天国に一番近い学食と言われる「スカイラウンジ暁」があったりと、そのイメージ戦略は学生をとりこにしており、志願者数は今や関東圏でも一位と言われると言われる程の人気を誇っております。

大学生の時期と言う青春まっただ中の時期を、このようにバランスの取れた、勉強も遊びも運動もと色んな可能性を試せる明治大学はおススメの大学だと思います。

明治大学の偏差値情報

明治大学の偏差値情報

明治大学は東京都千代田区に本部を置く私立大学です。沿革は1881年(明治14)の明治法律学校の開校まで遡り、大学としては1920年(大正9年)に設置が行われています。

10の学部が設けられており、学部ごとの偏差値は、文学部64~74、法学部70~73、政治経済学部68~73、経営学部69~73、商学部68~72、国際日本学部69~73、情報コミュニケーション学部68~72、総合数理学部62~66、理工学部64~70、農学部65~71となります。

入試に関しては2018年が発表されており、一般入試としての一般選抜入学試験、全学部統一入学試験、大学センター試験利用入学試験(前期・後期)と、公募制やAOなどによる特別入試の2つがあります。また、その他入試として、留学生入学試験を設けています。

明治大学にはどんな学部がある?

明治大学にはどんな学部がある?

明治大学には、法・商・政治経済・文・理工・農・経営の7学部があり、それぞれ法学・商学・政治経済学・文学・理工学・農学・経営学が学べるほか、情報コミュニケーション・国際日本・総合数理という独特の3つの学部があります。

情報コミュニケーション学部では、情報化した現代社会のさまざまな課題に、従来の学問の枠組みを超えてアプローチする手法を学びます。

国際日本学部は、日本の古典美術や芸能・思想、さらには現在のアニメや漫画も含め、世界から注目される日本のアートを学術的に研究することを目的としています。

総合数理学部は、数理科学の知識と技術で社会に貢献する研究を行い、国際的に活躍する人材の養成を目指して教育を行っています。