日本大学はどんな大学?

日本大学はどんな大学?

日本大学は東京都千代田区に本部を置く私立大学ですが、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、静岡県、福島県の各所にキャンパスを構えています。

また、2016年5月の統計によると、学生数は約6万8千人と全国の大学でトップを誇ります。このような特徴から、日本大学は日本を代表する大規模大学の1つとして認識されています。

加えて、日本大学は多くの学部・学科を備えている特徴を持っていますから、学生たちはそのスケールメリットを生かすことができます。

日本大学では相互履修制度というシステムが導入されており、学部や学科を超えた自分流の学びが可能です。仮に文系学部に在籍していたとしても理系学部の授業を履修し、視野を広げることができます。

日本大学の偏差値情報

日本大学の偏差値情報

日本大学は東京都千代田区に本部を置く日本最大の規模を誇る私立大学です。

17の学部を設けており、学部ごとの偏差値は、法学部が58~65、法二が46~47、経済学部58~62、商学部58~60、国際関係学部54~60、文理学部51~66 危機管理学部54~57、工学部47~51、生産工学部46~51、理工学部52~62、医学部74、歯学部54~56、松戸歯学部51~53、薬学部58~63、スポーツ科学部53~54、生物資源科学部52~74、芸術学部50~59となっています。

日本大学では2018年度における入試要項を発表しており、入試の種類として、一般、一般推薦、AO入試、自己推薦、社会人入試の5つと、他に、学校教育法施行規則に基づく「個別の入学資格審査要項」を設けています。

日本大学にはどんな学部がある?

日本大学にはどんな学部がある?

日本大学には文系から理系までさまざまな勉強を学べる学部があります。文系の学部としてはまず法律を学べる法学部があります。

日本大学の法学部にはいくつかの学科があり法律学を学習できるのが法律学科です。政治経済学を学習できるのが政治経済学科で、その他に新聞学科や、経営法学科、公共政策学科などもあります。

これらの学科はさらに細かいいくつかのコースに分かれていて、目的にあわせて勉強ができるようになっています。

たとえば政治経済経済学科では日本の政治に関する法律を学べる学科や、国際政治に関する法律を学べるコース、地方公共団体の行政や財政に関する法律を学習できるコースなどがあります。

日本大学法学部にはさらに勉強をしたい人のために、大学院も設置されています。